2015年10月05日

国内経済環境からみた株価上昇余地

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

株価は日経平均で2万円超えを果たしたものの、その後は海外要因もあり、急落した。日本経済に独自の力強さがあれば、株価が海外に左右されないで済む。現実はどうなのか。企業業績をみると、人件費を抑制しており、国内消費を抑制する力として働いている。

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

(2015年10月05日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【国内経済環境からみた株価上昇余地】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国内経済環境からみた株価上昇余地のレポート Topへ