2024年01月09日

EIOPAが2024年の監督上のコンバージェンス計画と戦略的優先事項を公表

中村 亮一

文字サイズ

■要旨

EIOPA(欧州保険年金監督局)は2023年12月21日に、2024年の監督上のコンバージェンス(収束、統一)計画を公表した。欧州の保険監督当局が、どのような問題意識を有して、どのような問題に対して、監督上のコンバージェンスに向けて、どのように取り組もうとしているのかを知ることは、大変参考になる。

今回のレポートは、このEIOPAによる2024年の監督上のコンバージェンス計画の概要について報告する。併せて、EIOPAの2024年の戦略的優先事項の概要についても報告する。

■目次

1―はじめに
2―EIOPAの2024年の監督上のコンバージェンス計画-全体概要
  1|全体概要
  2|優先領域の考慮すべき基準
  3|2024年の監督上のコンバージェンス計画
3―EIOPAの2024年の監督上のコンバージェンス計画-具体的内容
4―EIOPAの2024年の監督上のコンバージェンス計画-監視優先事項
5―EIOPAの2024年の戦略的優先事項
6―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

中村 亮一

研究・専門分野

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【EIOPAが2024年の監督上のコンバージェンス計画と戦略的優先事項を公表】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EIOPAが2024年の監督上のコンバージェンス計画と戦略的優先事項を公表のレポート Topへ