2022年03月08日

英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向(その3)-英国政府が改革のヘッドラインを発表-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

英国は2020年2月1日にEUから離脱したが、2020年12月31日までは移行期間としてEU法が適用されてきた。これまでEU加盟国として、EUのソルベンシーII制度下にあった英国であるが、2021年からは、独自の新たな規制を構築していくことが可能になっている。

2021年9月の2回のレポートで、英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向について、英国がどのような問題意識を有して、どのようなプロセスで、ソルベンシーIIのレビューを進めようとしているのかについて、それまでの過去1年間の動きを追うことで報告した。

その後、いくつかの動きがあったが、2022年2月21日に、財務省の経済長官によるスピーチ及び英国政府のHPでの公表により、ソルベンシーII改革のヘッドラインを発表している。

今回のレポートでは、前回のレポート以降のABI(英国保険会社協会)による動きと今回の英国政府の改革について、その概要を報告する。

■目次

1―はじめに
2―PRAによる定量的影響調査(QIS)による影響-KPMGによるレポート
3―PRAによる定量的影響調査(QIS)による影響-WTWによるレポート
  1|レポートの概要
  2|ABIの公表内容
4―イングランド銀行総裁のスピーチ
5―財務省の経済長官によるスピーチ
  1.今回の改革の目的・趣旨等について
  2.改革の具体的内容
  3.スピーチで言及されたものを含む、提案されたソルベンシーII改革の完全なリスト
6―ABIの反応
7―今後のスケジュール
8―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向(その3)-英国政府が改革のヘッドラインを発表-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向(その3)-英国政府が改革のヘッドラインを発表-のレポート Topへ