2022年02月09日

硬貨の流通高が10年ぶりの前年割れに~預け入れ手数料導入前の駆け込みか?

経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志

文字サイズ

■要旨

日銀より2月7日に公表された「通貨流通高」によれば、今年1月の貨幣(以下、「硬貨」と表記)流通高 は前年比0.1%減と前年の水準を下回った。硬貨の流通高が前年割れとなったのは、2012年5月以来、約10年ぶりのことだ。昨年6月までは前年比で2%前後の高い伸びを維持していたのだが、7月以降、伸び率が急速に低下した。その動向と背景、今後の注目点について考察する。

■目次

1――硬貨流通高が約10年ぶりの前年割れに
  1|詳細・・・100円玉以下は全て前年割れに
  2|背景・・・キャッシュレス化、ゆうちょ銀預入れ手数料導入前の駆け込み入金か?
2――今後の注目点・・・貯金箱離れ、キャッシュレス化が加速か
Xでシェアする Facebookでシェアする

経済研究部   上席エコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融・為替、日本経済

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【硬貨の流通高が10年ぶりの前年割れに~預け入れ手数料導入前の駆け込みか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

硬貨の流通高が10年ぶりの前年割れに~預け入れ手数料導入前の駆け込みか?のレポート Topへ