2020年05月27日

株高でも底堅い金相場~NY金1800ドルの壁突破なるか?

経済研究部 上席エコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替(通貨・相場) 基礎研レター などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルス感染拡大ペースの鈍化とそれに伴う経済活動再開の動きを受けて株式市場では今後の景気回復を織り込む動きが続いており、世界的に株価は持ち直し傾向にある。

本来、市場の緊張感が緩和に向かい株価が上昇する際には、安全資産である金(Gold)の需要は減少し、価格は下落しやすい。しかしながら、これまでのところ市場で金離れの動きは広がっておらず、金相場は高止まりしている。

■目次

1――金融市場の緊張感は緩和傾向
2――金価格が下がらない理由
  1|主要国中銀による未曽有の金融緩和
  2|枚挙にいとまがない下振れリスク
3――1800ドル突破の可能性は
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   上席エコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

アクセスランキング

レポート紹介

【株高でも底堅い金相場~NY金1800ドルの壁突破なるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株高でも底堅い金相場~NY金1800ドルの壁突破なるか?のレポート Topへ