2019年05月14日

オフィス市場は好調を維持、ホテルは一部で平均客室単価が下落-不動産クォータリー・レビュー2019年第1四半期

金融研究部 准主任研究員   渡邊 布味子

オフィスレントインデックス 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 2018年10-12月期の実質GDPは、前期比+0.5%へ上方修正されたが、自然災害の影響でマイナスとなった7-9 月期の落ち込みを取り戻せていない。日本経済は2018年に入ってから横ばい圏の推移が続いていたが、2018年度末にかけて実態として悪化したと判断される。国土交通省によると、2019年3月の新設住宅着工戸数は全体で大きく増加したが一時的な要因を含むと見られる。
     
  • オフィス市場は好調を維持しており、目下のところ需要が緩む気配はない。三鬼商事によると、2019年3月の東京都心5区空室率は最低水準が続き、平均募集賃料は63ヶ月連続で上昇している。観光庁によると、2019年3月の外国人延べ宿泊者数は大きく増加した。STR社によるとホテルの平均客室単価(ADR)は東京を中心に上昇しているが、一部のエリアでは下落圧力も見られ、今後の動向が注目される。
     
  • 2018年度の東証REIT指数は13%上昇し3年ぶりにプラスとなった。分配金増加・10年金利低下・リスクプレミアム縮小がバランスよく市場の上昇に寄与した。
東京都心5区のオフィス賃料と空室率の推移
■目次

1. 経済動向・住宅市場
2. 地価動向
3. 不動産サブセクターの動向
  (1) オフィス
  (2) 賃貸マンション
  (3) 商業施設
  (4) ホテル
  (5) 物流施設
4. J-REIT(不動産投信)・不動産投資市場
  (1) J-REIT(不動産投信)
  (2) 不動産投資市場
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
58762_ext_01_0.jpeg

金融研究部   准主任研究員

渡邊 布味子 (わたなべ ふみこ)

研究・専門分野
不動産市場、不動産投資

レポート

アクセスランキング

【オフィス市場は好調を維持、ホテルは一部で平均客室単価が下落-不動産クォータリー・レビュー2019年第1四半期】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オフィス市場は好調を維持、ホテルは一部で平均客室単価が下落-不動産クォータリー・レビュー2019年第1四半期のレポート Topへ