2017年10月03日

年金改革ウォッチ 2017年10月号~ポイント解説:厚生年金保険料率の引上げが終了

保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任   中嶋 邦夫

このレポートの関連カテゴリ

公的年金 企業年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

1 ―― 先月までの動き

年金事業管理部会では、平成28年度の業務実績の評価結果や業務改善計画の実施状況の検証結果などについて報告があり、改善状況に関して活発な議論が行われました。また資金運用部会では、前回まで議論していた年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の改革施行に伴う政省令の改正について最終結果を確認するとともに、改革施行に伴って変更される中期目標について事前の議論が行われました。

2 ―― ポイント解説:厚生年金保険料率の引上げが終了

9月から厚生年金の保険料率が給与の18.3%(労使合計)に改定され、長く続いてきた保険料率の引上げが終わりました。本稿では、保険料引上げの経緯と、今後の給付の見通しや論点を確認します。

 1|厚生年金保険料の経緯:
  戦後の全面改正から段階的引上げが開始。その引上げも今年で終了。
 2|厚生年金給付の見通し:
  今後の経済や人口に合わせて給付削減の停止年を調整に
 3|今後の論点:
  基礎年金との停止時期の違いも考慮した、厚生年金の削減停止や再発動の判断
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

アクセスランキング

レポート紹介

【年金改革ウォッチ 2017年10月号~ポイント解説:厚生年金保険料率の引上げが終了】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金改革ウォッチ 2017年10月号~ポイント解説:厚生年金保険料率の引上げが終了のレポート Topへ