2007年02月23日

ECBの利上げ局面の着地点

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  • 次回3月8日のECBの政策理事会では、年内に4%への追加利上げを行なうという市場の観測を裏付ける材料が提供されるか否かが最大の注目点だ。
  • 3月の利上げで政策金利が3.75%になるが、これは中立範囲の下限となり、ユーロ高を勘案すると金融は引締めに転じる。「政策金利は低い」、「金融政策は緩和的」という従来の評価になんらかの修正が加えられる可能性がある。ECBの成長率見通しは、10~12月期の成長加速と足もとの底堅さを反映して上方修正されよう。
  • 物価見通しは、2%を下回る安定水準に下方修正されそうだが、インフレ・リスクへのスタンスは「特に注視」という強めの姿勢が維持されよう。足もとの物価を押し下げている原油価格要因は、今年末には剥落する見込みであり、原油高再燃のリスクもある。成長の加速で需給ギャップの縮小も大きく進展しているからだ。
  • 筆者は、3月の利上げが着地点との見方を維持するが、雇用・賃金統計や賃金交渉の行方、マネー統計の動向などを、追加利上げの可能性を高める材料として注目したい。
36996_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ECBの利上げ局面の着地点】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ECBの利上げ局面の着地点のレポート Topへ