2024年02月01日

米国・日本・欧州における外資系生命保険会社のプレゼンス-最近の日米欧間の生命保険会社の相互市場参入はどんな状況にあるのか-

中村 亮一

文字サイズ

■要旨

日本の生命保険会社による海外保険市場への進出については、生命保険事業の特性(社会保障制度との関係、国民性、経済発展状況との関連性等)等から、欧米の保険グループや日本の損害保険会社に比べると、積極的とは言えない状況にあり、各社はむしろ、国内市場の深耕開拓に注力してきていた。ところが、縮小傾向にある国内保険市場での競争激化に伴う収益減少懸念への対応や新興国の成長性の取り込みといった観点から、大手の生命保険会社も2010年前後から、改めて積極的に海外進出を展開してきている。

今回のレポートでは、米国・日本・欧州の生命保険市場における外資系生命保険会社のプレゼンスがどうなっているのかを報告する。各種のデータ面での制約はあるが、これらを通じて、日米欧間の生命保険会社の相互市場参入がどの程度進展した状況にあるのかについて報告する。

■目次

1―はじめに
2―米国における外資系生命保険会社のプレゼンス
  1|全体の状況
  2|親会社国別の状況
  3|個別会社・グループの状況
3―日本における外資系生命保険会社のプレゼンス
  1|全体の状況
  2|親会社国別の状況
4―欧州における外資系生命保険会社のプレゼンス
  1|全体の状況
  2|親会社国別の状況
5―まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

中村 亮一

研究・専門分野

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【米国・日本・欧州における外資系生命保険会社のプレゼンス-最近の日米欧間の生命保険会社の相互市場参入はどんな状況にあるのか-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国・日本・欧州における外資系生命保険会社のプレゼンス-最近の日米欧間の生命保険会社の相互市場参入はどんな状況にあるのか-のレポート Topへ