2022年04月27日

汎欧州個人年金制度の開始-欧州の、公的年金、企業年金に次ぐ、3柱目の年金貯蓄手段

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

欧州 個人年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

欧州における退職後の資金準備としては、これまでに各国の公的年金、職業年金制度があったが、これら二つに加えて、三本目の個人年金制度「汎欧州個人年金商品(PEPP)の運用が、間もなく始められる。これは各国の個人年金に対し、一定の適格要件をみたしたものをPEPPと認めて、EU内での共通の取扱いやポータビリティを可能とし、統一された監督をも行なえるようにしたものである。

■目次

1――PEPPの開発の背景と経緯
  1|PEPPの年金制度における位置づけ
  2|PEPP開発の経緯
2――PEPPの特徴
  1|主に加入者側から見た特徴とメリット
  2|PEPPの提供者(プロバイダー)
  3|PEPPの提供者(プロバイダー)になることのメリット
  4|PEPPに対する税制優遇措置
3――PEPPの監督、EIOPAの役割
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

アクセスランキング

レポート紹介

【汎欧州個人年金制度の開始-欧州の、公的年金、企業年金に次ぐ、3柱目の年金貯蓄手段】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

汎欧州個人年金制度の開始-欧州の、公的年金、企業年金に次ぐ、3柱目の年金貯蓄手段のレポート Topへ