2022年02月01日

EIOPAによる2021年保険ストレステストの結果について(3)-流動性コンポーネントへの影響と保険業界団体の反応-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

EIOPA(欧州保険年金監督局:European Insurance and Occupational Pensions Authority)は、2021年12月16日に「2021年 EIOPA保険ストレステスト報告書(2021 EIOPA Insurance Stress Test Report)」(以下、「今回の報告書」という)を公表した。この報告書により、EIOPAは、2021年に実施された欧州保険会社に対するストレステストの結果に基づく欧州保険会社の脆弱性と耐性力に関する状況を報告している。

その中で、前々回のレポートでは、今回のストレステスト及び今回の報告書の概要について報告し、前回のレポートでは、報告書の第3章のストレステストの結果の中から、資本コンポーネントへの影響について報告した。今回は報告書の第3章のストレステストの結果の中から、流動性コンポーネントへの影響の抜粋及び今回の報告書に対する保険業界団体からの反応について報告する。

■目次

1―はじめに
2―流動性コンポーネントへの影響-全体概要-
3―流動性コンポーネントへの影響-サステナビリティとフローやストックへの影響-
  1|サステナビリティ(持続可能性)
  2|フロー
  3|ストック-資産負債ポートフォリオの流動性
  4|リアクティブな経営行動
  5|定性的情報
4―Insurance Europe(保険ヨーロッパ)の反応
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【EIOPAによる2021年保険ストレステストの結果について(3)-流動性コンポーネントへの影響と保険業界団体の反応-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EIOPAによる2021年保険ストレステストの結果について(3)-流動性コンポーネントへの影響と保険業界団体の反応-のレポート Topへ