2021年09月15日

‘富(とみ)’の分配-中国における三次分配の台頭

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中国で“三次分配”が注目を集めている。政府が、急成長をとげた企業や高所得の個人に対して、その資産や富を自主的に提供し、社会に還元するよう求める点に特徴がある。具体的には企業や個人による寄付や慈善活動を指すが、その前に、政府が果たすべき税や社会保障による「再分配」に着目する必要がある。

■目次

1――“三次分配”の台頭
2――2020年、中国内の寄付額ランキングで、首位はジャック・マーの32.3億元(550億円)
3――企業・個人による三次分配は「点」、政府は「面」で格差を是正する再分配機能を見直すべき
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【‘富(とみ)’の分配-中国における三次分配の台頭】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

‘富(とみ)’の分配-中国における三次分配の台頭のレポート Topへ