2019年05月16日

若いほど有利、時間を味方に付ける「積立投資」-若い世代の資産形成 Part2

金融研究部 主席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾

文字サイズ

■要旨

若い世代は仕事の“伸びしろ”も大きい。一番大事なのは本業の仕事で「稼ぐ力」を高めることだが、シリーズ第1回に述べたような社会情勢の変化を考えると、「毎月1万円」などコツコツと投資する「積立投資」の併用が資産形成・資産防衛の支えになるだろう。

■目次

■株は長期的には値上がりが期待できる
■「時間を味方につける」積立投資とは?大儲けは狙わないが、大損も避ける
■日本は人口が減るのに、株価が上がるのはなぜ?
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   主席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【若いほど有利、時間を味方に付ける「積立投資」-若い世代の資産形成 Part2】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

若いほど有利、時間を味方に付ける「積立投資」-若い世代の資産形成 Part2のレポート Topへ