2017年10月18日

ネット損保の衆安保険、株式上場-加速するアリババ、テンセントからの「卒業」?-中国保険市場の最新動向(28)

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

AI・Fintech・IoT 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 10月の国慶節直前に、中国初のネット専業の保険会社-衆安在線財産保険(以下、衆安保険)が香港株式市場に上場した。アリババ(アリ金融)、テンセント、平安保険という中国を代表するフィンテック企業が出資する保険会社として、また、インシュテックをリードする存在としても、その動向には常に注目が集まっている。
     
  • 今回、衆安保険は香港市場で初めて上場したフィンテック銘柄である点に加えて、将来の成長性への期待から、新規株式公開(IPO)への応募倍率が約400倍と過去最高となるなど、市場の評価は高い。
     
  • 一方、中国国内や金融業界での捉え方や関心は少し異なるようである。上場自体は高く評価しているものの、三馬ブランドの手厚い庇護からどのように自立していくのか、実績や収益力が市場の評価に見合っているのか、寧ろ厳しい見方が向けられている。
     
  • 衆安保険は、現在、トップの欧氏を中心とした経営の下、傷害保険や医療保険といったヘルスケア分野の保険商品の販売に軸足を移している。課題は、商品毎の収益性を高め、資産運用収益を安定に確保し、事業費を圧縮する点にある。
     
  • 今回の上場は、衆安保険に対する市場の期待の高さを証明した。衆安保険としては、上場による資本の積み増しや、独自の成長を目指す上で必要な資金の調達の機会が飛躍的に増えたが、今後はこれまで以上にその手腕が問われることになる。

■目次

1-意外と厳しい中国金融業界からの視線
2-今後、誰が衆安保険を牽引するのか
3-主力商品は、アリババ頼みの返品送料補填保険から、
 傷害・医療保険といったヘルスケア分野へ
4-課題は商品毎の収益性を高め、資産運用収益を安定して確保し、
 事業費を圧縮すること
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【ネット損保の衆安保険、株式上場-加速するアリババ、テンセントからの「卒業」?-中国保険市場の最新動向(28)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ネット損保の衆安保険、株式上場-加速するアリババ、テンセントからの「卒業」?-中国保険市場の最新動向(28)のレポート Topへ