2015年10月16日

増加する中国の社会保障関係費と高まる財政圧力

保険研究部 准主任研究員   片山 ゆき

文字サイズ

■要旨

  • 中国では、経済成長の減速化、少子高齢化の進展など、経済や社会の転換期をむかえる中で、社会保障に関する経費の支出が増加している。2014年の社会保障関係費は2兆6146億元、一般財政支出のうち17.2%を占め、最も大きい支出項目となっている。
  • 中国では、中央と地方財政が明確な役割分担をしており、社会保障については地方財政が担っている。とはいえ、社会保障関係費のおよそ4割は財政移転によってまかなわれており、地方政府が残りの6割を負担している。
  • 社会保障関係費の中でも、社会保険に関する支出が急増しており、直近5年間で2.4倍となっている。その背景には、(1)新たな社会保険や国庫負担の導入による増加、(2)制度導入地域の拡大による増加、(3)高齢者の増加による自然増、が大きな影響を与えていると考えられる。
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

(2015年10月16日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【増加する中国の社会保障関係費と高まる財政圧力】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

増加する中国の社会保障関係費と高まる財政圧力のレポート Topへ