2014年02月28日

年代に応じて異なる住み替え派アクティニアの住まいへの要求~アクティニアもリノベーションに着目か~

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

■要旨

拙著「アクティニアが住まいに求めるもの」では、今後、アクティニアのライフスタイルにフィットしない戸建持ち家から、賃貸住宅に住みかえるアクティニアが増えると考え、将来住み替えを希望している「住み替え派」アクティニアが、賃貸住宅に求める傾向を分析した。
しかし、同じ住み替え派でも年齢や就業状況によって住まいへのニーズが異なるはずである。そこで本稿では、定年を住み替えの一つの契機と捉え、現役が多くを占める50~59歳、多くが定年を迎える60~65歳、大方が定年している66~69歳、多くが定年後一定の期間を経ている70歳以上に区分して、それぞれの住まいに求める傾向を分析した。
その結果を踏まえて、今後、リノベーション住宅が、住み替え派アクティニアの注目を集めるのではないかと予測した。

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

(2014年02月28日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【年代に応じて異なる住み替え派アクティニアの住まいへの要求~アクティニアもリノベーションに着目か~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年代に応じて異なる住み替え派アクティニアの住まいへの要求~アクティニアもリノベーションに着目か~のレポート Topへ