2010年06月25日

子孫に美田を残す可能性を金額換算すると?

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

資産価値のある住宅用不動産を有するものの、十分な生活資金を確保できない高齢者にとって有効な商品としてリバース・モーゲージがある。
仮に住宅用不動産の価値が高まり、融資元本を上回った状態で契約者が死亡した場合、その差額は相続人に支払われる特徴を有するため、生活資金を調達できる上に子孫に美田を残す可能性も残すことができる。しかし、子孫に美田を残す可能性を残すことで、調達可能な生活資金が相当程度制限されていることも事実である。

このレポートの関連カテゴリ

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【子孫に美田を残す可能性を金額換算すると?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

子孫に美田を残す可能性を金額換算すると?のレポート Topへ