2009年04月24日

拡大する長寿リスク

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   中嶋 邦夫

文字サイズ

日本が「世界一の長寿国」と呼ばれて久しい。将来についてはあくまで予測だが、グラフを見ると、世代(生まれ年)が進むにつれて線が右にシフトしており、長寿化の進行が読み取れる。表でも、「死亡数が最多となる年齢」「平均死亡年齢」ともに、世代を追うごとに上昇している。
この「世代ごとに進む長寿化」の影で、「世代内の長寿リスク」が拡大している。表の「死亡数最多年齢での死亡数」を見ると、将来予測が基礎データの大半になっている1940年生まれを除いて、この人数が減少している。
一方、死亡年齢のばらつき具合を示す「標準偏差」は、増加傾向にある。これらの数値は、「平均で何歳まで生きるという情報が役に立ちにくくなり、いつ死亡するのかを予想しづらくなっている」ことを示している。この状況は男性で顕著だ。
「世代内の長寿リスク」への対処方法には、終身年金やリーバース・モーゲージなどがある。これらはあまり普及していないが、今後の普及促進が期待される。

52_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

中嶋 邦夫 (なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度

レポート

アクセスランキング

【拡大する長寿リスク】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

拡大する長寿リスクのレポート Topへ