2018年07月03日

最近の人民元と今後の展開(2018年7月号)~米中覇権争いの中、政治的駆け引きで動く波乱含みの展開

経済研究部 上席研究員   三尾 幸吉郎

中国経済 金融市場・外国為替 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

  • 6月の人民元(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して下落、1米ドル=6.6249元(前月末比3.2%安)で取引を終えた。なお、日本円に対する人民元は100日本円=5.9776元(1元=16.73円)と前月末比1.4%の元安・円高で取引を終えた。
     
  • 当面の人民元は政治的駆け引きで動く波乱含みの展開となりそうだ。米国がこのまま対中強硬姿勢を崩さなければ、中国は高関税の効果を減殺するため人民元の下落を許容する可能性が高い一方、米国が貿易摩擦の解消に向けた道筋を探り始めれば、中国は人民元の切り上げを許容する可能性もあるからだ(想定レンジは1米ドル=6.3~6.9元、1元=16.0~17.5円)。

1――6月の人民元の動き

6月の人民元(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して下落、1米ドル=6.6249元(前月末比3.2%安)で取引を終えた。これまでの人民元の動きを振り返ると、15年8月には米ドルに対する基準値を3日間で約4.5%切り下げ、その後も資金流出が続いたが(人民元ショック)、17年5月に中国が人民元の基準値設定方法を変更したこと、欧州経済の復調を背景にユーロドルが上昇したこと、米中貿易摩擦を背景に元高圧力が高まるとの見方が浮上したことなどから、18年春には人民元ショック前の同6.2元を窺う動きとなった。しかし、欧州経済の減速やEUの結束の乱れを背景に4月にユーロドルが下落に転じると元高も止まり、米国の関税引き上げに対抗する中国が元安を許容するとの見方が強まり、人民元は大きく下落することとなった(図表-1)。なお、6月は日本円も下落したが、相対的に小幅に留まったため、日本円に対する人民元は100日本円=5.9776元(1元=16.73円)と前月末比1.4%の元安・円高で取引を終えた(図表-2)。
(図表-1)人民元レート(対米ドル、スポットオファー)/(図表-2)人民元レート(対日本円)の推移

2――今後の展開

さて、今後18年9月に向けての人民元レートは波乱含みである。米国がこのまま対中強硬姿勢を崩さなければ、中国は高関税の効果を減殺するため人民元の下落を許容する可能性が高い一方、米国が貿易摩擦の解消に向けた道筋を探り始めれば、中国は人民元の切り上げを許容する可能性もあるからだ(想定レンジは1米ドル=6.3~6.9元、1元=16.0~17.5円)。

ここもとの米中経済環境を概観すると、米国では景気が好調で米中貿易摩擦を懸念した株価下落も小幅に留まっている。他方、中国経済は需要面に陰りが見られるものの供給面は今のところ堅調だ。しかし、米中貿易摩擦がさらに深刻化していくと米中経済が共倒れになる恐れがでてくる。米国が中国からの輸入品に高関税をかければ、米国での中国製品の競争力は低下、米国への輸出が減少して中国企業の抱える過剰生産設備問題は深刻化し、中国経済には大きな打撃となる。一方、中国が対抗して米国からの輸入品に高関税をかければ、中国における米国製品の競争力は低下、中国への輸出は減少して米国の農業生産者などが顧客を失うとともに、米国では中国からの輸入品が値上がりし家計や製造コストを圧迫するため、米国経済にも大きな打撃となる。

但し、18年11月に米中間選挙を控えるトランプ政権としては、選挙前に大きな成果を得ずして振り上げた拳を下ろす訳にはいかない。一方、中国としては、対外開放や輸入拡大など譲歩できる面は譲歩しており、国策として打ち出した「中国製造2025」に関する施策を取り下げることはできない。そして、中国は人民元の下落を許容し始めた。昨年12月と3月の米利上げに際して中国は、米国に追随してリバースレポ(7日物)引き上げたが、6月の米利上げではそれを見送った(図表-3)。従って、当面の人民元レートは下値(1米ドル=6.9元)を試す可能性が高いだろう。

しかし、米国が貿易摩擦の解消に向けた道筋を探り始めると、中国は人民元を高めに誘導する可能性がある。中国サイドから見ると、人民元高は輸出にこそ不利に働くものの、ここもとの中国の景気回復は世界経済の好調と輸出に依存し過ぎたとの負い目がある上、購買力平価との関係で見て大幅に割安な現状を踏まえればある程度のレート調整はやむを得ない面もある(図表-4)。また、人民元高は輸入物価を押し下げるため、消費者物価が上昇し始めた中ではインフレ抑制効果も期待できる。従って、中国経済の現状を考えると元高がもたらす悪影響は小さいため、人民元高を許容する可能性がある。当面の人民元は経済面よりも政治的駆け引きで動く展開となりそうである。
(図表-3)米中に短期金利の推移/(図表-4)各通貨の購買力平価と市場実勢(2017年12月末時点)
 
 

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
80_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

三尾 幸吉郎 (みお こうきちろう)

研究・専門分野
中国経済

(2018年07月03日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【最近の人民元と今後の展開(2018年7月号)~米中覇権争いの中、政治的駆け引きで動く波乱含みの展開】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の人民元と今後の展開(2018年7月号)~米中覇権争いの中、政治的駆け引きで動く波乱含みの展開のレポート Topへ