2016年05月18日

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.4%(年率1.7%)~一進一退が続く日本経済

経済研究部 経済調査室長   斎藤 太郎

文字サイズ

■要旨
  1. 2016年1-3月期の実質GDPは、前期比0.4%(年率1.7%)と2四半期ぶりのプラス成長となった(当研究所予測4月28日:前期比0.1%、年率0.6%)。
     
  2. 設備投資(前期比▲1.4%)、住宅投資(前期比▲0.8%)は減少したが、民間消費が前期比0.5%の増加となったことなどから、国内需要が2四半期ぶりに増加した。こうした中、内需低迷を背景とした輸入の弱さもあり外需が成長率の押し上げ要因となったため、実質GDPは潜在成長率を上回る高めの伸びとなった。
     
  3. ただし、1-3月期の成長率はうるう年要因によって前期比年率1%程度押し上げられている可能性があり、この影響を除けば小幅なプラス成長と考えられる。2015年度の実質GDP成長率は0.8%となったが、年度内成長率は小幅なマイナスで日本経済は2015年度を通して停滞局面が続いた。
     
  4. 2016年4-6月期はうるう年要因の反動、熊本地震の影響などから小幅なマイナス成長になると予想している。ただし、実質雇用者報酬が高い伸びとなり消費を取り巻く環境が好転するなど明るい材料もみられる。円高による下振れリスクはあるものの、個人消費の回復を主因として景気は夏場に向けて徐々に回復軌道に戻る可能性が高いだろう。
実質GDP成長率の推移
■目次

●1-3月期は前期比年率1.7%と2四半期ぶりのプラス成長
  <需要項目別の動き>
  ・4-6月期はマイナス成長の公算も、景気は夏場に向けて持ち直しへ
45_ext_01_0.jpg

経済研究部   経済調査室長

斎藤 太郎 (さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

レポート

アクセスランキング

【QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.4%(年率1.7%)~一進一退が続く日本経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.4%(年率1.7%)~一進一退が続く日本経済のレポート Topへ