2014年11月06日

賃金アップの余力は限定的

京都大学経営管理大学院   川北 英隆

文字サイズ

安倍政権が打ち出す経済政策の目標は、デフレ脱却、潜在的な経済成長力の回復、企業収益力の向上、賃金のアップ、個人消費の増大であり、これらが好循環を形成することである。では、この構想は実現に向かっているのか。残念ながら、先行きに注意信号がともっている。

このレポートの関連カテゴリ

京都大学経営管理大学院

川北 英隆

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【賃金アップの余力は限定的】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

賃金アップの余力は限定的のレポート Topへ