2014年05月30日

戦略的賃貸住宅誘導論-賃貸住宅が地域を変える

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

文字サイズ

■要旨

民間賃貸住宅を戦略的に誘導することで、地域の担い手を確保する方法論の提案を試みたのが本稿である。

将来にわたり地域を持続させていくためには、そこに暮らす担い手が必要である。その担い手をどの様に確保していくか、人口減少社会を迎えた今日、どの地域にとっても避けることができない課題と言えよう。こうした観点から、地域を経営する自治体、地域を運営する住民、そして、賃貸住宅経営者など賃貸住宅を供給する側の関係者に是非ともご一読いただきたい。

本稿では、最初に、統計に基づく人々の住み替え行動の考察から、民間賃貸住宅が若いファミリーを地域に呼び込み、地域に定着させる機能を有していることを指摘する。次に、コミュニティ型賃貸住宅の事例分析を踏まえて、民間賃貸住宅の入居者同士、入居者と地域住民の共助の関係構築に必要な機能を整理する。その上で、コミュニティ型賃貸住宅を誘導して、入居者が地域で持ち家を取得し、地域の担い手として定住していくための方策を提案する。

このレポートの関連カテゴリ

64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【戦略的賃貸住宅誘導論-賃貸住宅が地域を変える】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

戦略的賃貸住宅誘導論-賃貸住宅が地域を変えるのレポート Topへ