2014年02月18日

オランダの企業年金規制見直し~企業年金に対する規制の導入・追加は容易でない~

金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長   德島 勝幸

文字サイズ

■要旨

オランダでは、企業年金に対してソルベンシー型の健全性規制が導入されている。今回、監督当局から規制の枠組みを見直す提案が公表された。物価水準の変化への対応や資産価格の変動による影響を緩和する対応など、幾つかの新しい提案が盛り込まれたものの、年金実務側から多くの反対意見が出て来たことで、内容の大幅な見直し作業が行われている。欧州レベルでの企業年金に対するソルベンシー型の健全性規制の導入も先送りされており、企業年金に対する規制の導入・見直しは、必ずしも容易でないようだ。

このレポートの関連カテゴリ

76_ext_01_0.jpg

金融研究部   年金総合リサーチセンター 年金研究部長

德島 勝幸 (とくしま かつゆき)

研究・専門分野
年金・債券・クレジット・ALM

(2014年02月18日「保険・年金フォーカス」)

レポート

アクセスランキング

【オランダの企業年金規制見直し~企業年金に対する規制の導入・追加は容易でない~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オランダの企業年金規制見直し~企業年金に対する規制の導入・追加は容易でない~のレポート Topへ