2016年03月22日

「CSRの実践」と「CSVの実現」~「本来のCSR」とCSVの同時性を言い始めた人々~

  川村 雅彦

文字サイズ

■要旨

(1) 社会的課題の解決に向けた2つのアプローチ
●「本来のCSR」とは、“必須”として実践すべきこと 自社の意思決定と事業活動が社会や環境に及ぼす影響に対して、「本業(プロセスとプロダクト)」において自ら解決を図ること。 〔ISO26000による定義〕
●CSVとは、“挑戦”として実現すべきこと 「ビジネス=本業」として、社会や地域が抱える問題・課題をプロダクト(製品・サービス・事業)の開発・販売により解決を図ること。 〔ポーター教授の提唱〕

(2) CSVの登場で鮮明になった「本来のCSR」の姿
「本来のCSR」はしなければ社会から非難されるが、CSVはしなくても社会から非難されることはない。 ただし、両者は対立する概念ではなく、また相互に置き換わるものでもなく、並立するものである。

(3) 「本来のCSR」とCSVは両輪関係
経営学者ドラッカーは『マネジメント』で、「社会的責任の問題は、企業にとって2つの領域において生ずる」と述べている。
・ 第一に、自らの活動が社会に対して与える影響から生ずる。
・ 第二に、自らの活動とは関わりなく社会全体の問題として生ずる。
・ しかし、この2つの社会的責任は、まったく違う性格のものである。
前者を「第一CSR」、後者を「第二CSR」と呼ぶことができるが、両者は「両輪関係」にある。

(4) 「本来のCSR」とCSVの同時性を言い始めた人々
最近、両者を統合的に考えようとする人々が現れてきた。代表的な考え方は、以下のとおりである。
オルタナ編集長の森摂氏は、「CSR/CSV」の表記を提唱
伊藤園の笹谷秀光氏は、「CSRからCSVへ?」と表現
一橋大学教授の名和高司氏は、「CSV2.0」を提唱

以上のことから、今後、本業で社会的課題を解決して持続可能な社会を構築し、かつ企業価値を高めるためには、「CSRの実践」と「CSVの実現」の同時性が必要である。これが21世紀型の企業経営の姿であろう。

このレポートの関連カテゴリ

川村 雅彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【「CSRの実践」と「CSVの実現」~「本来のCSR」とCSVの同時性を言い始めた人々~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「CSRの実践」と「CSVの実現」~「本来のCSR」とCSVの同時性を言い始めた人々~のレポート Topへ