2015年09月29日

年金基金版?ソルベンシーII-欧州EIOPAがストレステストと定量調査を実施中

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■要旨

欧州では、保険会社に対してだけでなく、「ソルベンシーIIの年金基金版」ともいうべき健全性規制につき、EIOPAを中心に検討が進められている。数年前にも年金基金に対して定量的影響度調査が行なわれたが、ソルベンシーII自体の検討の遅れもあり、動きは緩慢であった。その後市中協議を経て、今回2015年5月から、あらたにストレステストと定量調査が並行して行なわれている最中である。2016年3月には、EIOPAからEU委員会に対し、規制内容が提言される予定。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2015年09月29日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【年金基金版?ソルベンシーII-欧州EIOPAがストレステストと定量調査を実施中】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金基金版?ソルベンシーII-欧州EIOPAがストレステストと定量調査を実施中のレポート Topへ