2010年04月26日

リバース・モーゲージ再考

  米澤 慶一

文字サイズ

リバース・モーゲージは、現金収入が減少する高齢者世帯にとって、維持費がかかる固定資産を現金化し、豊かな老後生活を実現するための有効な手段である。
今後利用者を拡大し、より多くの便益をもたらすためには、担保割れの危険に対する公的保証を可能とする制度整備や、幅広い所得層に向けた商品開発、そして住宅建物の担保価値向上等に努める必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

米澤 慶一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【リバース・モーゲージ再考】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

リバース・モーゲージ再考のレポート Topへ