2008年06月16日

関西の輸出の特徴と最近の動向

  小本 恵照

文字サイズ


  • 関西の輸出は、アジアへの依存度が大きいことが大きな特徴である。特に、近年は、中国に対する依存度が高まっている。

  • 足元の輸出は米国経済の減速を主因に伸びは鈍化している。ただし、中国を中心とするアジアに対する輸出は底堅く推移している。

  • 今後については、輸出の約6割を占める中国を含むアジア経済が、引き続き順調に拡大すると見込まれることから、輸出が大きく落ち込む可能性は低いと考えられる。このため、関西経済は、輸出の下支えによって全国に比べると底堅く推移すると予想する。
図1

このレポートの関連カテゴリ

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【関西の輸出の特徴と最近の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

関西の輸出の特徴と最近の動向のレポート Topへ