2018年11月19日

インドにおけるリスクベースの監督(Risk-based Supervision)を巡る動向-IMFのFSAPでの指摘等を受けてのIRDAIの動き-

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

アジア・新興国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

インドの保険監督当局であるIRDAI(Insurance Regulatory and Development Authority of India)は、10月4日に「保険部門の『リスクに基づく監督』への移行(Moving towards ‘Risk Based Supervision’ of the Insurance Sector)」に関する通達(Circular) を公表して、今後のインドにおける「リスクベースの監督枠組み(Risk-based Supervision Framework)」(RBS又はRBSFと呼ぶ)についての考え方を公表した。

なお、これに先立って、4月には、IMF(国際通貨基金)が、FSAP(Financial Sector Assessment Program:金融セクター評価プログラム)において、インドにおけるRBSの導入を勧告していた。

今回のレポートでは、こうしたインドにおけるRBS導入を巡る動きについて報告する。

■目次

1―はじめに
2―IMFによるFSAPにおけるRBSの導入勧告(2018年4月)
  1|現在のソルベンシー制度の評価
  2|今後のソルベンシー制度について
  3|リスクベースの監督枠組みへの移行の勧告
  4|リソースと組織のレビュー
  5|その他の評価
3―IRDAIによる今回の通達の内容(2018年10月)
  1|今回の通達の内容
  2|今回の通達を受けてのその後のアップデート
4―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【インドにおけるリスクベースの監督(Risk-based Supervision)を巡る動向-IMFのFSAPでの指摘等を受けてのIRDAIの動き-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インドにおけるリスクベースの監督(Risk-based Supervision)を巡る動向-IMFのFSAPでの指摘等を受けてのIRDAIの動き-のレポート Topへ