書籍詳細

  • ロンググッドバイ―パパ・タラフマラとその時代
    ロンググッドバイ―パパ・タラフマラとその時代
    著者:
    パパ・タラフマラ(著)/小池博史(著)/影山裕樹(編集)
    出版社:
    青幻舎
    発行年月:
    2011年12月
    定価:
    ¥2,415
    研究員:
    吉本 光宏 社会研究部

    ※当研究所、吉本光宏が「パパ・タラフマラ解散が問いかけるもの―文化政策・芸術支援を巡って」を執筆。


      「なぜ、パパ・タラフマラは解散しなければならなかったのか。」助成金制度、セゾン文化の時代、身体表現の可能性、カンパニーを運営するということ……。パパ・タラフマラ30年の軌跡と、解散という決断から導きだされる舞台芸術の未来とは?関係者へのインタビュー構成と、各方面の識者による珠玉の論考を掲載。

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る