吉本 光宏

社会研究部 研究理事

吉本 光宏(よしもと みつひろ)

研究・専門分野
芸術文化政策、文化施設開発、文化施設運営・評価、創造都市、オリンピックと文化

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 芸術文化政策、文化施設開発、文化施設運営・評価、創造都市、オリンピックと文化
自己紹介

今では芸術は、美術館や劇場で鑑賞したり、趣味や娯楽で楽しんだりするだけの存在ではなくなりつつあります。例えば、芸術の授業を受けた子どもたちの方が、国語や算数、理科の成績が高い、という調査結果があります。お年寄りが芸術活動に参加して、リハビリでは上がらなかった腕が上がった、気がついたら車いすから立ち上がっていたなど、周囲が驚くようなこともしばしば起こります。過疎と高齢化に悩んできた徳島県の山村では、アーティスト・イン・レジデンス事業がきっかけとなり、創造的過疎という考え方に基づいて人口の社会増が起こりました。教育や福祉、地域再生など、現代の日本社会が抱える様々な課題に対し、芸術ならではの革新的なソリューションがもたらされる、そんな時代が到来しています。それを実現するため、従来の文化政策をいかに強化し、他の政策領域との連携をどのように進めるべきか―。

2020年の東京五輪はその絶好の機会となるでしょう。オリンピック憲章には「スポーツを文化と教育と融合させる」ことが明記され、2012年ロンドン大会の文化プログラムの成功を受けて、2020年五輪でも文化の祭典への気運が高まっているからです。

経歴 【職歴】
 1983年 (株)黒川玲建築設計事務所入社
 1985年 (株)社会工学研究所入社
 1989年 (株)ニッセイ基礎研究所入社
 2014年 研究理事に就任 [社会研究部 芸術文化プロジェクト室長を兼務]
 
【非常勤講師】
東京藝術大学・同大学院(2012-/2000-09)、東京大学大学院特別講師(2017-/2012)、青山学院大学大学院(2010-2015)、東京学芸大学(2001-04)

【委員会委員】
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「文化・教育委員会」委員(2017-)、東京芸術文化評議会評議員・文化プログラム検討部会部会長等(2007-)、文化庁「文化審議会/文化政策部会」委員(2014-18/2004-11)、文化庁「2020年に向けた文化イベント等の在り方検討会」座長(2014-15)、文科省「オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議」委員(2015-16)、外務省独立行政法人評価委員会委員(2010-2014)、アーツカウンシル東京ボード委員(2011-)、東京都「東京のオリンピック・パラリンピック教育を考える有識者会議」委員(2015-16)、World Cities Culture Forum Founding Member(2012-)、横浜美術館指定管理者選定評価委員会委員(2013-)、創造都市横浜推進委員会等委員長(2004-15)、東アジア文化都市企画部会長(2013-14)、全国知事会地方自治先進政策センター頭脳センター専門委員(2007-)他多数

【団体役員】
(公社)企業メセナ協議会理事(2010-)、(公財)国際文化会館評議員(2016-)、(公財)ニッセイ文化振興財団(日生劇場)理事・評議員(1998-)、(公財)パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会評議員(2019-)、文化経済学会〈日本〉理事(2006-)、日本文化政策学会理事(2013-)、NPO法人アートNPOリンク理事(2006-2016)等

【業務履歴】
東京オペラシティ、国立新美術館、世田谷パブリックシアター、いわき芸術文化交流館アリオス等の文化施設開発、東京国際フォーラムや電通新社屋のアート計画などのコンサルタントとして活躍する他、文化政策や公立劇場・ホールの運営・評価、創造都市、オリンピックと文化、アートNPO、アウトリーチ、メセナなど、アートマネジメント分野の幅広い調査研究に取り組む。
1997年7月~98年6月(公財)セゾン文化財団の助成で米国コロンビア大学大学院(アーツ・アドミニストレーション専攻)に留学。

吉本 光宏のレポート

2020年08月06日

新型コロナと芸術支援-継続、再開の先にあるアートの可能性を信じて

政府が緊急事態宣言を解除し、東京都が休業要請を緩和したことから、中止や延期が続いていた文化イベント、休館状態にあった文化施設が再開に向けて動き始めている。...

続きを見る

2020年06月03日

新型コロナウィルス感染症による企業メセナ活動への影響に関するアンケート調査結果

ニッセイ基礎研究所が公益社団法人企業メセナ協議会と共同で、同協議会会員企業・団体を対象に実施した「新型コロナウィルス感染症による企業メセナ活動への影響に関...

続きを見る

2020年06月03日

新型コロナと芸術支援――継続、再開の先にあるアートの可能性を信じて

政府の緊急事態宣言が解除され、東京都では6月1日から休業要請などの緩和の段階を「ステップ2」に進めた。ステップ1で既に緩和されていた博物館、美術館、図書館...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

吉本 光宏のパブリシティ

著書

  • 札幌国際芸術祭記録集 SIAF2020インデックス
    札幌国際芸術祭記録集 SIAF2020インデックス
    著者:
    札幌国際芸術祭実行委員会 (著)
    出版社:
    札幌国際芸術祭実行委員会
    発行年月:
    2021年03月
    定価:
    ¥1,500

     

    ※当研究所の吉本光宏が「新型コロナウィルスへの応答-ドキュメントの中で開催されたSAIAF2020」を寄稿。

    この記録集は、札幌国際芸術祭2020(SIAF2020)で展示を予定していた作品や構想を、参加アーティストのインタビューを元に編集し多数の貴重な資料や画像と共に紹介。また、企画メンバーのステートメントやコラムのほか、SIAF2020の準備段階から中止公表、そして新たな形の企画へと展開していった2018年から2020年までのタイムラインや、コロナ禍における国内のさまざまな芸術祭の動きなども収録するなど、実現していない展覧会のカタログは、国内でもめずらしい取り組みで、見応えある充実した内容となっています。

  • International Opportunities in the Arts
    International Opportunities in the Arts
    著者:
    Mary Sherman (編著)
    出版社:
    Vernon Press
    発行年月:
    2019年04月
    定価:
    90ユーロ

     

    ※当研究所の吉本光宏が「Kamiyama's Success in Creative Depopulation(神山町における創造的過疎の成果)」を寄稿。

    この書籍は、2018年2月にカナダ・ケベックシティで開催された国際会議「TransCultural Exchange’s 2018 International Conference on Opportunities in the Arts」のスピーカーやモデレータらが、講演やプレゼンテーション内容に基づいて執筆した論文やレポートをまとめたものである。国際会議ではArtist in Residenceについて、アーティストにとっての意味や地域社会に与えるインパクトなどに焦点が当てられたが、本書でも、世界各国の専門家や実践家が、豊富な事例を交えながら、Artist in Residenceを起点にしたアーティスト及びアートの持つ多様な可能性を論じている。

  • SETOUCHI TRIENNALE 2016―瀬戸内国際芸術祭2016
    SETOUCHI TRIENNALE 2016―瀬戸内国際芸術祭2016
    著者:
    瀬戸内国際芸術祭実行委員会 (監)/北川 フラム (監)
    出版社:
    現代企画室
    発行年月:
    2017年7月
    定価:
    ¥3,000(税抜き)

     

    ※当研究所の吉本光宏が「瀬戸内の島々に広がる未来への希望―Hope for the Future is Spreading through the Islands of Seto Inland Sea」を寄稿。

    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、「海の復権」をテーマに、瀬戸内海の12の島々と2つの港周辺を舞台に、会期を春、夏、秋の3つに分けて、2016年3月20日から計108日間開催しました。
    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、魅力ある作品・イベントの展開に加え、「海でつながるアジア・世界との交流」、「瀬戸内 の『食』を味わう食プロジェクト」、獅子舞や盆栽など地域文化の独自性の発信にも力を入れた芸術祭でした。
    「瀬戸内国際芸術祭2016」は、春、夏、秋の3会期合わせて100万人を超える来場者数を記録。本書は、新たな段階に入った「瀬戸内国際芸術祭2016」の全作品&イベントを収録した公式記録集です。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年03月27日 第14回年次研究大会 「成果と評価」 文化政策学会
2021年03月26日 The 11th International Conference on Cultural Policy Research (ICCPR 2020 ) "Theory of Cultural Policy" International Conference on Cultural Policy Research
2021年03月09日 オープンフォーラム THE FUTURE IS ART 明日を拓くパートナーシップの力 「コロナ禍における文化的連帯-Cultural Solidarity in the Time of Covid-19」 アーツカウンシル東京

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2019年03月28日 国際文化交流による地域創生~2020年とその先の未来へ向かって~<中国・四国大会> Culture Nippon ホームページ
2019年02月13日 東京の芸術文化を世界へ 東京都 「東京動画」
2016年12月13日 特集「2020東京大会 動き出した文化プログラムの意味」 NHKラジオ第1 「先読み!夕方ニュース」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年11月25日 徳島新聞 朝刊 27面 新ホール検討部会、徳島県の活⽤策具体性なし 委員の意⾒まとまらず
2020年11月23日 徳島新聞 朝刊 1面 県立ホール計画 何を一番に考えるのか
2020年09月24日 日本経済新聞 朝刊 39面 稼げるか オンラインライブ

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年03月31日 一般財団法人地域創造 制作基礎知識 文化政策を振り返る
2021年01月 地域創造Vol.46 83-87P 文化生態系の連帯を深めた英国政府の新型コロナ支援
2021年01月 地域創造Vol.46 70-78P 事業を前に進める“withコロナ”のマネージメントを語る

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2019年度

全国の障害福祉サービス事業所等における文化芸術活動の実態に関する基礎調査のための研究
2019年度から実施する「障害者による文化芸術活動の推進に関する基本的な計画」の効果的な推進を図るため、3県の障害福祉サービス事業所等を対象に障害者の文化芸術活動の実態や課題に関するアンケート調査を実施し、調査結果を分析・整理するとともに、調査研究会での検討を踏まえて、翌年度に予定されている全国調査の手法を研究・検証した。

※ 報告書はこちらからダウンロードできます。

厚生労働省 令和元年度障害者総合福祉推進事業

  • 公開中
2019年度

PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)将来ビジョン策定に係る調査業務
1990年にレナード・バーンスタインが創設したパシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)について、過去の公式報告書・調査資料等の分析、修了生へのアンケート調査、教授陣や修了生、専門家等へのヒアリング調査を実施することによって、これまでの30年間にPMFが果たしてきた役割や成果を検証し、「PMF将来ビジョン」策定のための検討資料を作成した。

※ 委託機関で報告書を公開予定です。

公益財団法人パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会

2018年度

北九州芸術劇場 事業評価調査 その15
2003年の開館から15年目にあたる17年度調査では、事業実績データ、観客や貸館利用者へのアンケート調査などのデータ分析や、経済波及効果やパブリシティ効果等の継続調査に加え、過去14年間の評価結果を踏まえたより望ましい事業評価調査の内容や方法等について検討を行った。

※ 委託機関で報告書を公開しています。

公益財団法人北九州市芸術文化振興財団

  • 公開中

受託実績をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る