高齢者の雇用・就労

高年齢者雇用安定法が2013年4月に施行され希望者全員が65歳まで働ける制度の導入が企業に義務づけられました。今後は、高齢化が進む中で意欲ある高齢者が能力や経験を活かせる仕事に就けることそのための支援が求められてきます。この「高齢者の雇用・就労」の一覧では、地域での支援事業の取り組みや高齢者の実態調査等をを踏まえ、高齢者雇用の現状と課題と将来に向けた対応策について考察します。

年で絞り込む

2010年09月22日

Role of public and private pension benefits in financing elderly household consumption-Comparison of OECD countries

1――Introduction: Aging and its implications for the pension system2――International com...

続きを読む

Tatsuya Ishikawa

Tatsuya Ishikawa

Economic Research Department

レポート