代表者 タイトル

1989年~1998年度

吉本 光宏

東京オペラシティ文化施設開発事業
東京オペラシティは、民間事業者が新国立劇場と一体的に開発したわが国最大規模の複合文化施設(1997年主要部分、99年全体オープン)である。民間街区には、コンサートホール、リサイタルホール、アートギャラリー、NTTインターコミュニケーション・センターなどが、高層オフィス、商業施設とともに整備・運営されている。
本業務では、1989年から10年間にわたって、コンサートホールとアートギャラリーを中心とした民間文化施設について、基本構想・基本計画の策定、施設運営とオープンに向けた各種検討・準備業務などソフト面の総合コンサルテーションを実施した。

東京オペラシティ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る