代表者 タイトル

2004年度

平成16年度土地所有・利用状況に関する企業行動調査

国土交通省

2004年度

篠原 二三夫

不動産関連諸税の国際比較調査について
英、米、独、仏における不動産税制の現状を調査し日本との比較を行った。

(財)土地総合研究所

2004年度

篠原 二三夫

家屋の固定資産税評価の実態に関する調査
家屋の固定資産税は高止まりしており経年によって下がることがない他、同じような物件でも評価が異なるなど、かなりばらつきがあるのではないかという不動産業界の問題認識を背景に、不動産協会のメンバー会社が所有する事業用不動産の家屋の固定資産税評価(取得時、評価換え時)や属性などの実態調査を行ったもの。

(財)日本住宅総合センター

2004年度

篠原 二三夫

家屋等に係る固定資産税のあり方に関する調査研究
家屋の固定資産税評価の実態や評価の手続きについて調査を行い、そのあり方について議論を行った。

(財)日本住宅総合センター

2004年度

篠原 二三夫

欧米諸国における住宅消費税に関する調査
今後、消費税率のアップが懸念されているが、これに備えて欧米各国における住宅消費税制の現状と、住宅消費税負担を圧縮する補助金、税制、融資制度などの住宅制度の現状を調査したもの(欧米13ヶ国)。

(社)住宅生産団体連合会

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る