代表者 タイトル

2007年度

吉本 光宏

「活動支援センター」(仮称)の基本計画策定に関する支援業務
東京都は、「新進・若手アーティストの支援」、「芸術文化を支える人材の育成」施策の拠点施設として、遊休施設の活用を前提とした「活動支援アートセンター」(仮称)を整備する予定である。本業務では、昨年度、同施設について実施した基本計画策定に関する調査の成果に基づき、より詳細な事業計画や運営計画、施設の活用方法等の検討を行った。

東京都

2007年度

吉本 光宏

指定管理者制度における公立文化施設の運営と財団のあり方に関する調査研究
2003年に施行された指定管理者制度は、公立文化施設の運営や地方公共団体の文化政策に大きな影響を与えている。本調査研究では、アンケート調査とインタビュー調査によって、公立文化施設における指定管理者制度の導入状況、運営管理の実態や課題、地方公共団体の文化政策や公立文化施設の運営財団の現状や課題などを調査・把握し、今後の文化振興財団のあるべき姿、ならびに次期指定管理者の指定の考え方を検討・整理した。

※ 委託機関で報告書を公開しています。

(財)地域創造

2007年度

吉本 光宏

公共ホール音楽活性化事業ハンドブック作成
公立文化施設がアーティストを学校や福祉施設に派遣し、ワークショップやミニコンサートを行う「アウトリーチ」は全国各地に広がっている。本業務では、(財)地域創造が1998年から実施してきた、地域の公立ホールに若手演奏家を派遣し、コンサートとアウトリーチを行う「公共ホール音楽活性化事業」の10年間の成果を検証し、今後、同事業を実施するための基本的な考え方や方向性をハンドブックとしてとりまとめた。

※ 報告書を公開しています。

(財)地域創造

2007年度

吉本 光宏

いわき芸術文化交流館ALIOSマーケティング調査
いわき芸術文化交流館アリオス(2007年4月一次開館)は、大ホール、中劇場等からなる複合文化施設で、マーケット分析に基づいた経営戦略構築、事業企画及び施設運営改善策の立案を行なうべく、運営をスタートさせた。本調査では、周辺市町村を含む広域的な利用圏域の設定を行い、人口、世帯数等圏域内の基礎的なデータを整理するとともに、市民を対象にグループインタビューを実施し、当施設への期待や要望を把握した。

いわき市

  • 非公開

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る