代表者 タイトル

2014年度

山梨 恵子

地域包括ケアシステムにおける認知症ケア相談・支援事業推進における認知症グループホームの活用・機能強化に関する調査研究事業
本調査研究は、グループホームが有している認知症ケアの専門性・特徴等を活かして、地域に暮らす認知症高齢者及びその家族にも目を向けた多機能化を目的として実施した。事業では、相談支援活動、啓発活動、居場所作りの3つに焦点を当てたアンケート調査及び先駆的な取組みのある事業所へのアリング調査を実施し、その成果を市町村及びグループホーム事業者に向けた啓発用パンフレットに取りまとめ配布した。

公益社団法人日本認知症グループホーム協会

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る