代表者 タイトル

2010年度

阿部 崇

認知症サポート医フォローアップ研修の充実に関する調査研究事業
認知症地域医療体制の中心となるかかりつけ医の早期診断等を支えるため、専門医・専門医療機関との連携を支援する認知症サポート医に対する継続研修・情報提供のあり方やコンテンツなどを研究したもの

NPOシルバー総合研究所

2010年度

阿部 崇

DCMを活用した在宅ケアの有効性に関する調査研究事業
施設での認知症ケアの評価手法であるDCM(ディメンシア・ケア・マッピング)の手法を用いて、在宅での認知症ケアの評価を試行し、ケアの特性や支援の方法等について研究したもの

NPOシルバー総合研究所

2010年度

阿部 崇

配食サービスと医療・介護の連携のあり方に関する調査研究事業
単身世帯や老老世帯が増加する中で、配食サービスについて、単に食を提供するだけでなく、在宅ケアのチームとして医療と介護の連携という新たな役割を研究したもの

NPOシルバー総合研究所

2010年度

井上 智紀

セルフネグレクトと孤独死に関する実態把握と地域支援のあり方に関する調査研究事業
全国自治体への悉皆調査や先進的な取組みを実施している地域への訪問調査を通じて、これまで体系だった調査・研究のなされていない「孤立死」の実態把握と発生数の推計、セルフ・ネグレクト(自己放任)状態との関係の解明を試みるとともに、孤立死を未然に防ぐために求められる地域支援のあり方について研究したもの

厚生労働省

2010年度

山梨 恵子

グループホームにおける多機能化と今後の展開に関する調査研究事業
利用者の生活支援を視点とする柔軟で即応性のある取り組みの1つひとつ、家族への支援、利用者の就労支援、事業所の地域拠点としての役割・機能などを洗い出しながら、グループホームの多機能化の概念を定義し、具体的機能を整理したもの

公益社団法人日本認知症グループホーム協会

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る