代表者 タイトル

2005年度

前田 展弘

施設ケアのQOL効果測定に関する調査研究

(社)全国老人福祉施設協議会

2005年度

小野 信夫

東京都高齢者保健福祉計画作成支援業務

東京都福祉保健局

2005年度

山梨 恵子

認知症対応型共同生活介護の実態調査・研究事業
介護保険制度施行以後、急激に事業所数が伸びている認知症グループホームの実態調査をアンケート形式で実施した。調査内容は、事業所概要、サービス提供、利用者の状況、職員の雇用環境、経営実態に加えて、個別の職員や利用者家族に対する意識調査など多岐に渡る。多様な事業者参入がみられるグループホーム経営では、人材活用や収支状況の面で法人格による格差が浮き彫りになった。

NPO法人全国認知症グループホーム協会

2005年度

小野 信夫

平成16年度収支状況等調査

(社)全国老人福祉施設協議会

2005年度

山梨 恵子

認知症対応型共同生活介護の質の確保および向上に関するシステム構築事業
認知症グループホームにおいて制度化された自己評価、外部評価に加えて、グループホーム事業者同士のプロの目で相互にケアサービスを点検し合う「相互評価」の意義と効果を検証した。具体的には、全国4箇所のモデル事業を通じて、地域事業者が主体的かつ自立的に運営できるしくみや、参加事業者および調査員等の意見を踏まえた評価調査手法の策定を行った。

NPO法人全国認知症グループホーム協会

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る