代表者 タイトル

2004年度

宮内 康二

WHO-ICFを活用した要介護高齢者の社会生活と在宅生活の関係-効果的なケアマネジメントのあり方に関する考察-

(社)かながわ福祉サービス振興会

2004年度

宮内 康二

ジェロントロジー -加齢の価値と社会の力学-

自主研究

2004年度

小野 信夫

介護保険制度下での居宅サービス事業者の事業実態と事業運営のあり方

(社)シルバーサービス振興会

2004年度

高齢期の健康増進と生き甲斐に関する調査研究

ニッセイ聖隷福祉財団

2004年度

阿部 崇

認知症患者の増加に対応したかかりつけ医の対応向上のあり方に関する研究
認知症の早期発見が期待されるかかりつけ医のための対応向上研修の教材およびモデル研修の実施状況を取りまとめた。

(財)日本公衆衛生協会(厚労省老人保健事業)

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る