「少子高齢化・家族」分野の受託調査実績

生活者の視点にたち、少子高齢化社会における様々な問題を取り上げる調査研究分野です。高齢期の生活リスクや家族、ライフデザインに関する研究、家族のあり方、企業の高齢化社会対応のコンサルテーション、ジェロントロジーの普及啓発などに取り組んでいます。

代表者 タイトル

2000年度

宮内 康二

ジェロントロジーを我が国に定着させるための基礎研究

国際長寿センター

2000年度

岸田 宏司

社会保障政策に関する意識調査研究

経済産業省

2000年度

女性・高齢者・障害者の雇用促進を支援する融資制度に関する調査
中小企業において、女性・高齢者・障害者の雇用を促進させるために必要な施設について検討した。中小企業のニーズや課題、働く側の導入希望等について意見を収集した。

中小企業庁

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る