「CSR」分野の受託調査実績

研究領域

代表者 タイトル

2004年度

川村 雅彦

環境パフォーマンス指標のプロトコルに関する調査研究
企業の裁量に任されている「環境パフォーマンス指標(EPI)」の計測や開示の範囲(バウンダリー)、ならびに「社会パフォーマンス指標(SPI) 」の計測や開示の項目・単位について、現状を把握し課題を抽出した上で、今後の議論のための論点整理を行った。

環境省

2004年度

川村 雅彦

企業の社会的責任に関する調査研究~CSRをめぐる内外動向と体系的論点整理~
最近世界的に話題を呼んでいるCSR(企業の社会的責任)について、国内外の動向を把握した上で、様々な視点から議論されているCSRの論点を整理し、独自の論点を提供した。さらに、CSRにかかわる政策的課題の大まかな方向性を考察した。

経済産業省

2004年度

川村 雅彦

日本環境経営大賞表彰委員会審査業務等委託事業(III)
三重県主催で2002年度より実施される企業の環境経営に関する表彰制度である。環境経営部門だけでなく、環境フロンティア部門として「独創的プロジェクト賞」「地域連携賞」「企業連携賞」により、大企業だけでなく全国各地の中小企業、病院、保育園、NPO等のユニークな取組と成果にも光を当てる。

三重県

2002年度

川村 雅彦

環境基本計画で期待される民間団体NPOの取組についての調査

環境省

2002年度

川村 雅彦

日本環境経営大賞表彰委員会(Ⅱ)

三重県

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る