「少子高齢化・家族」分野の受託調査実績

生活者の視点にたち、少子高齢化社会における様々な問題を取り上げる調査研究分野です。高齢期の生活リスクや家族、ライフデザインに関する研究、家族のあり方、企業の高齢化社会対応のコンサルテーション、ジェロントロジーの普及啓発などに取り組んでいます。

代表者 タイトル

1997~2005年度

松浦 民恵

中高年ライフコース研究(パネル調査)
1997年から隔年実施してきた中高年パネル調査の第4回(2003年12月)までのデータを用い、中高年男性に関する、引退過程における人間関係、家族観、経済的バックグラウンドと金融行動、不安とメンタルヘルスといった多様な視点からの分析結果をまとめた。

自主研究

関連カテゴリ

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る