小林 正宏

金融研究部 客員研究員

小林 正宏(こばやし まさひろ)

研究・専門分野
国内外の住宅・住宅金融市場

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 国内外の住宅・住宅金融市場
自己紹介

「金融は科学に裏打ちされたアートである」
証券化支援事業(フラット35)立ち上げのために派遣された米国ファニーメイ(連邦抵当金庫)で印象に残った一言です。その後、米国ジニーメイ(政府抵当金庫)との覚書締結や円卓会議の開催等、前職では国際業務を牽引し、特に2018年に海外インフラ展開法が制定されて以降はミャンマーへの支援に注力しました(2021年のクーデターで中断)。
専門分野は国内外の住宅・住宅金融市場ですが、それらに影響を及ぼすマクロ経済動向や金融政策にも関心があります。人口減少が続く日本で多くの国民にとって最大の資産である住宅の価値をいかに維持・向上させていくか、一方で日本に限らず過大に評価されるとバブルとして金融部門や実体経済にも大きな影響を及ぼしてきたことをどう考えるのかという課題意識を持っています。丁寧にデータを分析し、直感的に分かり易いグラフを作成し、情報発信して参りたいと考えております。

経歴 【職歴】
 1988年 住宅金融公庫入社
 1996年 海外経済協力基金(OECF)出向(マニラ事務所に3年間駐在)
 1999年 国際協力銀行(JBIC)出向
 2002年 米国ファニーメイ特別研修派遣
 2022年 住宅金融支援機構 審議役
 2023年 6月 日本生命保険相互会社 顧問
      7月 ニッセイ基礎研究所 客員研究員(現職)

【加入団体等】
・日本不動産学会 正会員
・資産評価政策学会 正会員
・早稲田大学大学院経営管理研究科 非常勤講師

【著書等】
・サブプライム問題の正しい考え方(中央公論新社、2008年、共著)
・世界金融危機はなぜ起こったのか(東洋経済新報社、2008年、共著)
・通貨で読み解く世界経済(中央公論新社、2010年、共著)
・通貨の品格(中央公論新社、2012年)など

小林 正宏のレポート

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2024年01月06日 日本経済新聞 朝刊 19面 金利ある世界、家計を点検 学資保険や国債の活用も
2023年12月22日 日本経済新聞 朝刊 19面 首都圏マンション発売5%減 今年2.8万戸 価格上昇で供給抑制
2023年11月11日 読売新聞 朝刊 9面 米急速利上げ 倒産倍増 商業用不動産が低迷

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2024年01月24日 日経ビジネス 電子版 積水ハウスの7200億円米社買収、評価割れる 株価上昇も格下げ方向

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

週間アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る