氷見野 良三

総合政策研究部 エグゼクティブ・フェロー

氷見野 良三(ひみの りょうぞう)

研究・専門分野
国際金融規制、比較金融危機、金融行政

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 国際金融規制、比較金融危機、金融行政
自己紹介

国際的な金融規制の動きや、各国当局や国際機関が行っている金融システムの状況分析について、我が国への影響の視点を中心にして紹介して参ります。また、金融規制のあり方についての政策提言も行っていきたいと考えています。

経歴 【経歴】
 1983年 大蔵省入省
 2003~2006年 バーゼル銀行監督委員会事務局長
 2016~2020年 金融庁金融国際審議官
 2019年9月~2021年9月 金融安定理事会規制監督常設委員会議長
 2020年7月~2021年7月 金融庁長官
 2021年10月~ 東京大学公共政策大学院客員教授(現職)
 2022年1月~ ニッセイ基礎研究所(現職)

【著書】
 The Japanese Banking Crisis (Palgrave Macmillan, 2021)
 易経入門 孔子がギリシア悲劇を読んだら(文春新書、2011年)
 検証 BIS規制と日本(金融財政事情研究会、第1版2003年、第2版2005年)
 マイヨール(グラフ社、2001年)

【加入団体等】
 日本金融学会
 日本国際経済法学会

氷見野 良三のレポート

2022年05月18日

世界の金融規制当局はコロナ・ショックにどう対応したか

コロナ禍が経済に与える影響については、最近でも中国でのロックダウンの影響が拡大するなど、依然先を見通すことは難しい。コロナの残した様々なマイナスの影響が払...

続きを見る

2022年04月08日

G7次期議長国としての日本の役割

来年、日本はG7の議長国となる。世界金融危機以降、主要先進国のみならず主要新興国もメンバーとするG20が創設され、G7の果たす役割はかつてよりは小さくなっ...

続きを見る

2022年03月17日

「易経」で読むウクライナ情勢

10年余り前に、中国の古典「易経」についての本を上梓した。「易経を古代ギリシアの悲劇に当てはめると、ぴったり当てはまるだけでなく、易経の理解にも悲劇の理解...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る