山下 大輔

経済研究部 准主任研究員

山下 大輔(やました だいすけ)

研究・専門分野
日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済
自己紹介

定量的な分析などを通じて、日々の景気動向を含めた日本経済の現状や人口、生産性といった経済の構造的な課題を中心に調査・研究しています。それらをもとに、現状から予想される中長期的な将来の姿を中心に発信していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2009年 財務省入省。財務省、内閣府、法務省で勤務。
 2020年 ニッセイ基礎研究所(現職)

山下 大輔のレポート

2022年06月08日

景気ウォッチャー調査(22年5月)~飲食、サービスを中心に、現状判断DI、先行き判断DIともに改善

6月8日に内閣府が公表した2022年5月の景気ウォッチャー調査(調査期間:5月25日から月末)によると、3か月前との比較による景気の現状判断DIは54.0...

続きを見る

2022年05月26日

日本の物価は持続的に上昇するか~消費者物価の今後の動向を考える

物価は上昇している。消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は、7か月連続で前年比プラスの上昇率となった。4月には上昇率が2%を超えた。2022年中は2%程度...

続きを見る

2022年05月13日

景気ウォッチャー調査(22年4月)~現状判断DIは50超えも、資源価格高騰や円安による値上げに懸念

5月12日に内閣府が公表した2022年4月の景気ウォッチャー調査(調査期間:4月25日から月末)によると、3か月前との比較による景気の現状判断DI(季節調...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年04月16日 日刊工業新聞 朝刊 21面 続・経済トレンド 指標を読む(10) 景気把握に役立つ鉱工業指数

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2022年05月24日号 週刊エコノミスト 65P 4月の消費者物価指数(5月20日) 前年比上昇率は2%に達するか
2021年06月29日号 週刊エコノミスト 67P 5月の鉱工業生産指数(6月30日) 生産増は一服か
2021年05月11日号 週刊エコノミスト 75P 3月の労働力調査(4月30日) 雇用環境の改善を期待

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る