藤原 光汰

経済研究部 研究員

藤原 光汰(ふじわら こうた)

研究・専門分野
日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済
自己紹介

日本経済の分析を担当しております。アベノミクス以降、日本経済は上向いてきましたが、その基調は足元で鈍化しています。マイナス金利や米中貿易摩擦、ブレクジットなどに代表されるように、景気を大きく左右する要因はあらゆる場面に顕在化しており、日本の解決すべき課題は国内外に山積しています。日本の経済成長のために、課題解決に向けた情報を発信していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2018年 日本生命保険相互会社入社
 2019年 ニッセイ基礎研究所へ

藤原 光汰のレポート

2020年09月11日

企業物価指数(2020年8月)―前年比でマイナス幅の縮小が続くが、先行きは期待薄

65444_ext_03_0_S.jpg

9月11日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、20年8月の国内企業物価指数は前年比▲0.5%(7月:同▲0.9%)と6ヵ月連続のマイナスとなった...

続きを見る

2020年08月13日

企業物価指数(2020年7月)―前月比で2ヵ月連続のプラスとなるも、先行きの回復ペースは鈍化する見込み

65163_ext_03_0_S.jpg

8月13日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、20年7月の国内企業物価指数は前年比▲0.9%(6月:同▲1.6%)と5ヵ月連続のマイナスとなった...

続きを見る

2020年08月07日

厳しい状況が続く観光業-インバウンド需要が蒸発する中、頼れるのは国内旅行客だが-

65119_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウィルスの感染拡大により、観光業は大きく落ち込んでいる。世界各国の海外渡航の制限に伴い、訪日外国人数は急減しているほか、日本国内居住者による国内...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年09月24日 日刊工業新聞 朝刊 27面 国内商品物価、持ち直し 銅・原油相場の底入れ反映
2020年09月12日 中日新聞 朝刊 13面 安倍政権と中部経済 検証 7年8カ月 消えたインバウンド
2020年08月23日 毎日新聞 朝刊 3面 旗振れど客戻らず Go To トラベル開始1カ月

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年04月15日 ニューズウィーク日本版 スポーツ産業の成長が名目GDP600兆円達成への鍵
2019年08月06日 ニューズウィーク日本版 インバウンド消費拡大のカギを握るMICEとは

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る