藤原 光汰

経済研究部 研究員

藤原 光汰(ふじわら こうた)

研究・専門分野
日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済
自己紹介

日本経済の分析を担当しております。アベノミクス以降、日本経済は上向いてきましたが、その基調は足元で鈍化しています。マイナス金利や米中貿易摩擦、ブレクジットなどに代表されるように、景気を大きく左右する要因はあらゆる場面に顕在化しており、日本の解決すべき課題は国内外に山積しています。日本の経済成長のために、課題解決に向けた情報を発信していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2018年 日本生命保険相互会社入社
 2019年 ニッセイ基礎研究所へ

藤原 光汰のレポート

2021年04月15日

さくらレポート(2021年4月)~多くの地域で持ち直しているとの認識が維持されるも、一部地域は景気判断を引き下げ

4月15日に日本銀行が公表した「地域経済報告(さくらレポート)」によると、全9地域のうち、北海道と東北の2地域で景気の総括判断を引き下げ、7地域で判断を据...

続きを見る

2021年04月12日

企業物価指数(2021年3月)―1年1ヵ月ぶりに前年比プラスに転じる

4月12日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、21年3月の国内企業物価は前年比1.0%(2月:同▲0.6%)と1年1ヵ月ぶりに前年比プラスに転じ...

続きを見る

2021年03月16日

地方の消費回復を阻む要因~コロナ禍の落ち込みは相対的に小さかったが~

新型コロナウイルス感染症により経済活動は大幅な制限を余儀なくされ、2020年の日本の実質GDP成長率は前年比▲4.8%の大幅マイナスとなった。中でも個人消...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年04月21日 北海道新聞 朝刊 12面 地方と都市 賃金格差拡大
2021年03月30日 日本経済新聞 朝刊 5面 地方の消費・賃金 低迷深刻
2021年03月05日 日刊工業新聞 朝刊 17面 景気動向に反応する企業物価

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年12月10日 建設工業新聞 12面 テレワーク、中小2割止まり 企業規模で開き
2020年12月09日 読売新聞オンライン 「第3波」在宅勤務推進 大阪の企業、出張制限も
2020年12月08日 時事通信 テレワーク実施、中⼩2割⽌まり=企業規模で開き

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る