牧野 敬一郎

総合政策研究部 研究員・経済研究部兼任

牧野 敬一郎(まきの けいいちろう)

研究・専門分野
日本経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済
自己紹介

日本は、長きに渡るデフレからの脱却と経済再生を目指しているが、国内外に障壁が山積している。国内では、短期的に「消費の拡大」、中長期的にも「人口問題」、「財政・社会保障問題」が課題となる。国外でも、中国経済減速等、世界経済の懸念材料が消えない。そんな中で、日銀の「マイナス金利」導入・「仮想通貨」や「FinTech」等の新技術発展は市場への変化を大きく促している。2020年には、東京オリンピックが開催されるなど、明るい材料も現れており、日本経済は新たな局面を迎えている。こうした各事象を整理した上で、課題解決に向けた提言を幅広く行っていく。

経歴 【職歴】
 2010年 日本生命保険相互会社入社
 2016年 ニッセイ基礎研究所へ

牧野 敬一郎のレポート

2019年06月12日

デジタル化を進める「人材」について考える~必要となるのは、IT人材だけではない~

61786_ext_03_0_S.jpg

世界的なデジタル化の加速が続く中、出遅れが指摘される日本企業もキャッチアップを急いでいる。政府が「Society5.0実現」を謳い、デジタル技術の利活用に...

続きを見る

2018年12月03日

健康・医療データ利活用に向け、オランダの先進事例から学ぶもの~次世代ヘルスケア・システム成功の鍵を考える~

60253_ext_03_0_S.jpg

健康・医療分野においても、データ活用は重要で、そのインフラとなる情報基盤の整備が進められている。健康・医療の情報基盤は成長戦略上でも重視されているが、海外...

続きを見る

2018年07月13日

海外のデータ活用事例について~英国 midata(マイデータ)~

59069_ext_03_0_S.jpg

先月閣議決定された「未来投資戦略2018」では、データは「デジタル新時代の価値の源泉」とされ、その重要性が改めて示された。とりわけ重要なのがパーソナルデー...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る