櫨(はじ) 浩一

経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー

櫨(はじ) 浩一(はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 マクロ経済・経済政策
自己紹介

経済の短期的な動向だけでなく、長期的な構造変化にも関心をもっている。少子・高齢化が日本経済にどのように影響してきたか、これによって日本経済が将来どう変化していくのかについて調査・研究している。新興国経済の発展が国際通貨体制の変革を促すなど日本を取り巻く国際経済環境も大きく変化する中で、少子・高齢化に対応していくために、最適な経済政策はどのようなものかという考察の発信を行っていきたいと考えている。内閣府経済社会総合研究所景気動向指数研究会、景気循環学会理事等の活動を通じて、利用者の視点から日本経済の現状を的確に把握するための統計改善に関して発言してきた。

経歴 ・ 1981年:経済企画庁(現在の内閣府)入庁
・ 1992年:ニッセイ基礎研究所入社
・ 2012年から現職

櫨(はじ) 浩一のレポート

2019年03月07日

景気拡大期は戦後最長となったか? -長さより回復の自律性が問題だ

60981_ext_03_0_S.jpg

発達した熱帯低気圧は発生した地域によって、台風(typhoon)、ハリケーン、サイクロンと呼び名が変わる。2005年にニューオーリンズ市に甚大な被害をもた...

続きを見る

2019年02月28日

高齢者の高齢化という問題~求められる国民的な議論~

60977_ext_03_0_S.jpg

日本は人口構造の高齢化が急速に進んでおり、2018年には65歳以上の高齢者は総人口の28.1%となった。今後も高齢者の割合は上昇が続き、2065年には38...

続きを見る

2019年02月07日

平成の終わりー次の時代の課題

60708_ext_03_0_S.jpg

バブル景気の絶頂から始まった平成は間もなく終わり、新しい時代を迎えようとしている。平成元年(1989年)12月に日経平均株価は史上最高値をつけたが、平成2...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

櫨(はじ) 浩一のパブリシティ

著書

  • 日本経済の呪縛―日本を惑わす金融資産という幻想
    日本経済の呪縛―日本を惑わす金融資産という幻想
    著書:
    櫨(はじ) 浩一(著)
    出版社:
    東洋経済新報社
    発行年月:
    2014年3月
    定価:
    ¥1,728

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が執筆。


      なぜ世界一の金持ち国で大停滞が起こってしまったのか?「動学マクロ経済学」の立場から、日本経済の「失われた20年」を分析。

  • 貯蓄率ゼロ経済―円安・インフレ・高金利時代がやってくる―
    貯蓄率ゼロ経済―円安・インフレ・高金利時代がやってくる―
    著書:
    櫨(はじ) 浩一(著)
    出版社:
    日本経済新聞出版社
    発行年月:
    2011年10月
    定価:
    ¥950

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が執筆。


      貯蓄率は高齢化の経済への影響を映し出す鏡だ。2020年には日本の貯蓄率はゼロとなる。その時、日本経済に何が起こるのか? 「貯蓄」という新鮮な視点から日本経済の長期的な構造変化を跡づけ、未来を描き出す!。


      単行本刊行後5年間で高齢化は着実に進んでいる。文庫版のための章を新たに追加し、世界的な金融危機などによる変動の陰に隠れて見えにくくなっている人口構造の変化の影響を解説します。

  • 日本経済が何をやってもダメな本当の理由
    日本経済が何をやってもダメな本当の理由
    著書:
    櫨(はじ) 浩一(著)
    出版社:
    日本経済新聞出版社
    発行年月:
    2011年6月
    定価:
    ¥1,995

    ※当研究所、櫨(はじ)浩一が執筆。


      はるか昔に先進工業国になったのに、貧しかった時代の生産優先の発想から脱却できない日本。供給力ではなく消費の不足こそが長期低迷の原因だ! 日本経済の呪縛を糾し、真の豊かさ実現への道を示す。



      この20年余、日本経済が何をやっても浮上できないのは、そもそも我々の考え方が間違っているからではないのか――。日本経済をめぐる様々な議論の誤りを明快に指摘する、目から鱗の日本経済論です!

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2019年03月02日 経済・不動産セミナー 「生涯現役社会と働き方改革」 大和ハウス工業株式会社
2018年12月02日 リーマン・ショック10年 それからの政治・経済・金融 公共選択学会
2018年10月25日 2018年度第2回公開講演会 「日本経済を取り巻く三つの潮流」 青山学院大学 経済学会

講演・学会報告をもっと見る

イベント シンポジウム

講演日 講演タイトル 主催
2018年10月17日 「働き方改革」を活かした企業の成長戦略 株式会社ニッセイ基礎研究所│後援:日本生命保険相互会社
2017年10月17日 中国のこれからと国際情勢 株式会社ニッセイ基礎研究所│後援:日本生命保険相互会社
2016年10月18日 ポスト2020、魅力ある世界都市へ - 訪日客数4000万人時代への挑戦 - 株式会社ニッセイ基礎研究所│後援:日本生命保険相互会社

イベント シンポジウムをもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2018年01月03日 今年の経済 NHK(総合) 「ニュース7」
2017年11月16日 本当に好景気?アベノミクス検証 BS11 「報道ライブ21 INsideOUT」
2017年05月22日 TPP11閣僚会議結果の評価 ジャパンエフエムネットワーク 「OH! HAPPY MORNING」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2019年02月03日 信濃毎日新聞 朝刊 5面 知恵を無視する強い指導者
2019年01月05日 日本経済新聞 朝刊 21面 オフショア化する世界(書評)
2018年12月11日 日経産業新聞 朝刊 1面 賞与で報いる手法 限界

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2019年03月11日 東洋経済 ONLINE アメリカ経済は日本が目指すべき手本なのか-「高い成長率」と「雇用の安定」はトレードオフ
2019年02月25日 日本農業新聞 朝刊 20面 2018年と1989年 家計調査を比較 簡易志向、洋食化進む 「加工・中食さらに伸長」
2019年02月26日号 財界 91P 「強いリーダー」の功罪

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る