証券市場

「証券市場」の一覧では、株式市場、債券市場、社債市場、リート市場等の特色やそれぞれの市場の課題をとらえ、市場参加者、運用者の立場から提言を行います。アベノミクス効果を受け大幅に上昇した株式市場について外国人や個人等の投資家別売買動向、企業業績動向、各国との株価や株価収益率の比較等から、客観的かつ科学的な分析で株式相場の先行きを見通します。

年で絞り込む

2018年10月18日

来期業績に不透明感!! 日本株の重石に!?~足元の決算が好調でも上値が重たい可能性も~

59905_ext_03_0_S.jpg

日本株は10月上旬に大きく下落し、企業業績からみて株価は割安な水準にあります。その一方で今期業績は好調なものの、外部環境の不透明感や半導体市場の成長鈍化な...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年10月15日

NISAのロールオーバーをどうするか-正しい投資判断とは何か-

59872_ext_03_0_S.jpg

NISA(少額投資非課税制度:ニーサ)は、2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは非課税投資枠が設定され、株式・投資...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘

金融研究部

2018年10月15日

米ドル/円のヘッジコストが9月に高騰する理由

59876_ext_03_0_S.jpg

2018年9月の米ドル/円のヘッジコスト(米ドルの資金調達コスト)は、月末にかけて3.14%にまで急上昇し、ヘッジ付き米国債利回り(10年)は-0.08%...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年10月04日

国内REITからの資金流出が止まった!!?~2018年9月の投信動向~

59765_ext_03_0_S.jpg

2018年9月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、外国株式、バランス型への資金流入が続いていたが、外国株式が3,000億円から...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年09月07日

日銀ETF買入れ縮小の真意-緩和縮小ではなく、緩和継続のメッセージ

59560_ext_03_0_S.jpg

日銀はETFの買入れを縮小したようだ。そのため市場では「緩和縮小か?」という声もあるが、真の狙いは黒田総裁の会見どおり“緩和継続”だろう。買入れ状況と株価...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2018年09月06日

売るに売れなかった?トルコ関連ファンド~2018年8月の投信動向~

59551_ext_03_0_S.jpg

2018年8月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型は資金流入し、その一方で外国債券と外国REIT...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年09月03日

つみたてNISA、はじめて分かった3つのこと

59499_ext_03_0_S.jpg

「つみたてNISA」がスタートして8カ月が過ぎました。7月に金融庁から公表された資料によると、この1~3月の「つみたてNISA」の口座開設数は51万口座と...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月28日

「貿易戦争」に弱い新興国株と「米利上げ」に弱い新興国債券

59472_ext_03_0_S.jpg

8月はトルコ・リラの暴落に伴う新興国通貨安に米中貿易摩擦懸念など、新興国にとって逆風が吹き荒れました。それに伴い新興国株、新興国債券ともに、8月は大きく下...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月15日

来期予想利益成長率に注目!!~アベノミクス相場以降、高成長銘柄の株価が好調~

59351_ext_03_0_S.jpg

国内株式市場で投資する銘柄を選ぶ際には、「来期予想利益成長率」に注目してみてはいかがでしょうか。アベノミクス相場が始まった2013年度以降、銘柄選択する上...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月08日

苦戦する国内中小型株ファンド~2018年7月の投信動向~

59302_ext_03_0_S.jpg

2018年7月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入自体は続いたが、6月より鈍化した。国...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月03日

企業年金基金はESG投資にどう向き合えばよいのか?

59175_ext_03_0_S.jpg

GPIFのESG指数の選定により、国内でESG投資の拡大機運が高まっている。こうした中で企業年金基金はESG投資にどのように向き合えばよいのであろうか。E...

続きを読む

上野 雄史
2018年08月03日

2017年度のグロース相場と今後の動向

59176_ext_03_0_S.jpg

日本の株式市場では、2017年度はグロース株相場になった。グロース株の業績拡大期待などが寄与した。ただし、足元ではグロース株の業績拡大期待が鈍化している可...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年07月09日

投信購入者の半数が損失!!~銀行での投信販売について~

59024_ext_03_0_S.jpg

銀行で投信を購入した顧客の半数弱が損失を抱えていることが明らかになりました。損失を抱えている顧客の多くが、投資期間が3年以下であると推察されます。過去3年...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年07月04日

確定拠出年金からの資金流入が増加~2018年6月の投信動向~

58976_ext_03_0_S.jpg

2018年6月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入が続いた。流入金額は、国内株式が1,...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年06月29日

テクノロジーの進化と超過収益獲得機会-関係先企業の株価収益率に基づく投資戦略に着目して

58952_ext_03_0_S.jpg

企業間の販売・仕入関係と株価に着目した先行研究によると、株式を売買する際に、売買対象株式自体の収益率ではなく、売買対象株式を発行する企業の販売先企業が発行...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年06月29日

J-REITの個人投資家への普及を願う~投資家拡大に向けて、「仮想通貨」に負けるな

58954_ext_03_0_S.jpg

2001年にJ-REIT(不動産投資信託)市場が創設され、全ての投資家は現物不動産に投資しなくても不動産キャッシュフローを原資とする安定したインカム収入を...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2018年06月15日

関係先企業の株価収益率に基づく投資戦略-商流データに基づく先行研究との比較

58850_ext_03_0_S.jpg

企業間の販売・仕入関係と株価に着目した先行研究によると、株式を売買する際に、売買対象株式自体の収益率ではなく、売買対象株式を発行する企業の販売先企業が発行...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年06月07日

AI関連ファンドの人気は短命かも?~2018年5月の投信動向~

58803_ext_03_0_S.jpg

2018年5月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入が続いた。流入金額は、国内株式が90...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年06月07日

日銀の出口戦略に関する考察-ETFの含み益で個人の資産形成を

58792_ext_03_0_S.jpg

日本銀行が大規模な金融緩和策を導入して5年が経過した。緩和策の効果について様々な見方がある一方、いわゆる“出口戦略”に関しては議論が進んでいるとはいえない。

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2018年06月05日

コーポレートガバナンス・コードとPBR1倍割れ企業

58744_ext_03_0_S.jpg

コーポレートガバナンス・コードの改訂案では資本コストが強調されている。資本コスト割れの事業を展開すれば、株主が提供した資本を毀損させるとの評価を受ける。資...

続きを読む

川北 英隆

レポート

アクセスランキング

証券市場のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

証券市場のレポート Topへ