米国経済

米国経済の動向が世界経済に大きな影響を与え、FRBの金融政策の一挙手一投足が市場関係者の注目を集めています。この「米国経済」の一覧では、米国経済の現状を小売売上高、耐久財受注、住宅着工・販売、貿易統計、ISM製造業指数、雇用統計等の月次で発表される経済指標からタイムリーな分析を行います。FRBが金融緩和政策から出口へと向かうなかで世界の金融市場に大きな影響を与えるFOMCの動向にこれまで以上に注視していきます。

年で絞り込む

2018年10月19日

予算編成、「税制改革2.0」の動向-19年度は暫定予算で一旦政府閉鎖回避。税制改革第2弾が下院を通過も実現は困難。

59911_ext_03_0_S.jpg

18年9月に終了した18年度は、減税や歳出拡大の影響により、財政赤字(名目GDP比)が▲3.9%と前年度(同▲3.5%)から増加、6年ぶりの高水準となった...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年10月19日

図表でみる世界経済(米中関係編)~米中貿易戦争はどうなるのか?

59909_ext_03_0_S.jpg

2018年は米中貿易戦争が世界の注目を浴びる1年となりました。米国が知的財産権侵害を理由に中国からの輸入品に対し制裁関税を課すと、すかさず中国も米国からの...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年10月18日

【9月米住宅着工、許可件数】着工件数は120.1万件、許可件数は124.1万件と、それぞれ前月、市場予想を下回る結果

59903_ext_03_0_S.jpg

10月17日、米国センサス局は9月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は120.1万件(前月改定値:126.8万件)と、128...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年10月12日

中期経済見通し(2018~2028年度)

59862_ext_03_0_S.jpg

2008年秋のリーマン・ショックをきっかけとした世界金融危機が発生してから10年が経過した。先進国のGDPギャップは2018年には10年ぶりにプラスに転じ...

続きを読む

経済研究部
2018年10月09日

スペイン風邪から100年 ー 大規模感染症対策は大丈夫?

59766_ext_03_0_S.jpg

冬になって日本人がマスクをする姿は、海外の人々の眼には異様に映るらしく、大気汚染のためといった誤解に基づくコメントも見かけるが、インフルエンザや風邪、ある...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年10月09日

【9月米雇用統計】ハリケーンの影響?もあり、雇用者数は前月比+13.4万人に留まる一方、失業率は3.7%に低下

59781_ext_03_0_S.jpg

10月5日、米国労働省(BLS)は9月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+13.4万人の増加 (前月改定値:+27.0万人)となり、+2...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年10月05日

WTO改革を巡る協調の行方-三極フォーラムへの参加で感じたこと

59780_ext_03_0_S.jpg

10月1日~2日、アメリカのシンクタンク・ジャーマン・マーシャル・ファンド(GMF)がベルギー・ブリュッセルで開催した日本3極フォーラムに参加する機会を得...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2018年10月03日

米経済が好調な中でも、停滞が続く住宅市場

59709_ext_03_0_S.jpg

米経済は全般的に好調を維持しているものの、住宅市場は停滞が続いている。停滞している要因としては、住宅供給面では建設業の熟練労働力不足が深刻化していること、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年10月01日

【8月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は+0.3%と市場予想に一致も、18年2月(同▲0.1%)以来の低調な伸び

59714_ext_03_0_S.jpg

9月28日、米商務省の経済分析局(BEA)は8月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.3%(前月値:+0.3%)となり前月に...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年09月28日

エスカレートする米中貿易戦争~世界経済に漂う暗雲~

59711_ext_03_0_S.jpg

米中間の貿易不均衡を巡る対立は予想をはるかに上回る速度でエスカレートしており、世界経済の先行きには暗雲が漂っている。米中の対立が世界貿易の縮小に繋がれば、...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年09月27日

【9月米FOMC】政策金利を0.25%引き上げ、緩和的な金融政策スタンスに関する表現を削除

59697_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が9月25-26日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、政策金利の0.25%引き上げを決定した。バランス...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年09月20日

【8月米住宅着工、許可件数】着工件数は128.2万件と予想を上回る一方、許可件数は122.9万件と予想を大幅に下回る結果

59656_ext_03_0_S.jpg

9月19日、米国センサス局は8月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は128.2万件(前月改定値:117.4万件)と、116....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年09月10日

米国経済の見通し-減税、拡張的な財政政策などから当面は堅調見通しも、通商政策や中間選挙動向が不安要因

59573_ext_03_0_S.jpg

米国の4-6月期の成長率(前期比年率)は+4.2%(前期:+2.9%)と、前期から伸びが大幅に加速。個人消費と外需が成長率を大幅に押上げた。もっとも、外需...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年09月10日

アメリカ大統領のパワー~大統領はどれだけ強いのか?

59571_ext_03_0_S.jpg

本稿のタイトルから、アメリカの大統領を含めた、国際政治情勢の話を期待された読者がいるかもしれない。残念ながらそういうテーマではなく、計算の話をしていく。あ...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2018年09月10日

【8月米雇用統計】雇用者数は前月比+20.1万人と予想(+19.0万人)を上回る一方、失業率は3.9%で横這い

59570_ext_03_0_S.jpg

9月7日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+20.1万人の増加(前月改定値:+14.7万人)となり、+15...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年09月07日

見えない資産が変える経済-知的財産経済の課題

59496_ext_03_0_S.jpg

企業が行う投資と言えば、工場の建物や生産設備といったものを思い浮かべる。しかし、企業の設備投資は、こうした目に見える形のあるものから、研究開発による特許取...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年09月07日

米中貿易戦争の行方-米中貿易摩擦がエスカレート。落し所の見えない貿易戦争による米経済への影響を懸念

59554_ext_03_0_S.jpg

トランプ大統領は、18年夏場以降、中国からの輸入品のおよそ半分に相当する額に対して追加関税を賦課する方針を示すなど、米中貿易摩擦は米中貿易戦争の様相を呈し...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月31日

【7月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は+0.4%と前月、市場予想に一致。堅調な消費の伸びが持続。

59492_ext_03_0_S.jpg

8月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は7月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.3%(前月値:+0.4%)となり前月、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月17日

回復がもたつく米住宅市場 -米経済は好調も、住宅供給不足や、金利・住宅価格上昇が住宅市場回復の重石に

59380_ext_03_0_S.jpg

米国経済は、18年4-6月期の実質GDP成長率(前期比年率)が+4.1%と高成長となった。しかしながら、GDPにおける住宅投資は同▲1.1%と2期連続のマ...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月17日

【7月米住宅着工、許可件数】着工件数は116.8 万件と予想比下振れも、許可件数は131.1 万件と予想を小幅に上振れる結果

59379_ext_03_0_S.jpg

8 月16 日、米国センサス局は7 月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は116.8 万件(前月改定値:115.8 万件)と、117.3...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

米国経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済のレポート Topへ