オリンピック・パラリンピック

前回の東京オリンピックは、1964年という高度成長期の入り口、日本が戦後の復興から経済大国への道を歩み始めるタイミングで開催されました。今回、東京での開催が決定した、東京2020オリンピック・パラリンピックについて、ニッセイ基礎研究所では、オリンピック憲章に明記されている「スポーツを文化と教育と融合させる」というように、経済だけでなく芸術や文化など様々な視点で考察したレポートを提供していきます。

年で絞り込む

2014年03月10日

超高齢社会のヒトとクルマの関係-東京五輪2020の都市像(その2)

日本は1964年の東京オリンピック開催を契機に、東海道新幹線や首都高速道路の開通など、高度経済成長のインフラとなる都市基盤が整備され、大きな変貌を遂げた。...

続きを読む

土堤内 昭雄
2014年03月03日

自転車活用した都市交通体系の再編-東京五輪2020の都市像(その1)

先日、ロシアのソチで開催されていた第22回冬季オリンピックが、多くの人々にすばらしい感動を残して閉幕した。今後、東京では6年後の東京オリンピック・パラリン...

続きを読む

土堤内 昭雄
2014年02月18日

オリンピックやワールドカップが出生率に与える影響は?―少子化対策の活力剤になることを期待する―

はじめに日本中がソチ冬季オリンピックに盛り上がっている。羽生(19)、平野(15)、平岡(18)という10代の選手が、それぞれ金、銀、銅メダルを獲得するな...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2014年02月06日

訪日外国人客数が年間1千万人を突破。Jリート市場は躍進の1年-不動産クォータリー・レビュー2013年第4四半期

<要旨>経済の好循環の実現を目指すアベノミクスにより、国内の生産活動や個人消費が拡大し、その効果は雇用指標の改善に広がっている。住宅市場も引き...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2014年02月05日

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2014年)-2014年~2020年のオフィス賃料・空室率

■見出し1― はじめに2― 東京都心部Aクラスビルの空室率・賃料の推移3― 東京都心5区の賃貸可能面積・賃貸面積・空室面積の増減4― 今後のオフィスビル新規供給と...

続きを読む

竹内 一雅
2014年01月20日

外国人の国内宿泊動向-2013年の年間外国人延べ宿泊者数3千万人超へ

■要旨日本政府観光局(JNTO)によると、2013年の訪日外国人旅行者数ははじめて1千万人を上回り、1,036万人に達した。外国人旅行者数の増加にあわせて...

続きを読む

竹内 一雅
2013年12月17日

日本の成長戦略に欠かせないオフィス生産性の引上げ

二度目のオリンピック開催に沸く2020年、もし日本の成長戦略が大きな実を結ばず、東京がアジア地域の業務拠点都市(アジア・ヘッドクオーター)としての地位を確...

続きを読む

松村 徹
2013年10月11日

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋

リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界経済に...

続きを読む

経済研究部
2013年10月07日

オリンピックで結婚・出産は増える?~若者たちに安定的な雇用の確保を

9月8日。2020年夏季五輪の開催地に東京が決まったとたん、「7年後は子どもと一緒にオリンピックを見たい!」「オリンピックまでに結婚して、子どもを生みたい...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2013年09月30日

オリンピックの“おもてなし”とは - 多様な価値観受容れる「真のグローバル化」の実現

まずは2020年東京オリンピック招致成功を喜びたい。日本全体が勇気と自信を取り戻した感がある。ただ、日本は7年後のオリンピックの成功に向けてなすべきことが...

続きを読む

土堤内 昭雄
2013年09月18日

オリンピック:夢の祭典と見栄

2020年東京オリンピック開催が決定し、早速あちらこちらで動きが出始めている。都内道路標識の表示を変えるとのニュースもでていた。六本木通りは、ローマ字で「...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2013年09月12日

東京オリンピックと自動運転車と、都市の未来

筆者が小学校低学年くらいに手に取った子ども向けの乗り物図鑑に、未来の乗り物が未来都市のイメージと共に描かれていた。超高層ビルの間を縫うように、流線形のリニ...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2013年06月17日

現代“オリンピック精神”とは -「参加することに意義がある」再考

1894年6月23日、パリのスポーツ競技者連合の会議で、国際オリンピック委員会(IOC)の設立と近代オリンピックの開催が決まり、IOCがこれを記念して6月...

続きを読む

土堤内 昭雄
2013年02月26日

“レスリング除外危機”が示唆する“TPP問題”への教訓

今月、日本のスポーツ界に衝撃が走った。12日に開催された国際オリンピック委員会(以下、IOC)の理事会において、2020年夏季五輪からの除外候補にレスリン...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2012年11月26日

首都高が“産業遺産”になる日-東京オリンピックとポスト近代化

東京都は来年9月に決まる2020年の第32回夏季オリンピック招致を目指している。実現すれば2度目の東京オリンピックとなる。1964年に初めて第18回大会を...

続きを読む

土堤内 昭雄
2012年09月05日

文化の祭典、ロンドンオリンピック――東京オリンピック2020に向けて

■見出し1――London 2012 Festivalの概要2――London 2012 Festivalの特徴的なプログラムとオリンピック文化戦略が誕生するまで...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏

社会研究部

2012年08月21日

オリンピックとスポーツ関係予算について~ロンドンオリンピック日本躍進の要因

8月12日、2週間に及んだロンドンオリンピックがついに閉幕した。4年に1度のスポーツの祭典が終わったことに対し一種の寂しさを感じている一方、深夜に及ぶ観戦...

続きを読む

押久保 直也
2009年10月05日

オリンピックはどこへ行く(その3)

2016年の夏季オリンピック開催都市がブラジルのリオデジャネイロに決まった。10月2日、デンマーク・コペンハーゲンにおける国際オリンピック委員会(IOC)...

続きを読む

土堤内 昭雄
2009年09月18日

オリンピックはどこへ行く(その2)

2016年の夏のオリンピック開催都市の決定まであと2週間となった。9月2日にはIOC(国際オリンピック委員会)の評価委員会が最終報告書を出し、東京、シカゴ...

続きを読む

土堤内 昭雄
2009年08月21日

オリンピックはどこへ行く

来る10月2日、デンマークのコペンハーゲンで開催される第121次国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2016年の第31回オリンピック競技大会の開催都市...

続きを読む

土堤内 昭雄

レポート

アクセスランキング

オリンピック・パラリンピックのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

オリンピック・パラリンピックのレポート Topへ